柔軟なサプライチェーンの開発:分散型治験の原動力

配送機構は、分散型治験(DCT)を推進するためのいわばエンジン。信頼性と柔軟性を兼ね備えたストレージ、追跡機能、テクノロジーなどが連携して働き、DCTの完全性を確保します。では、一体どのようなDCTサプライチェーン パートナーが効果的だと言えるのでしょうか?マーケンの細胞治療・遺伝子治療サプライチェーン臨床配送担当バイスプレジデントNina Vasと、患者様中心グローバルサービス担当シニアディレクターGaurang Majmudarが、サプライチェーンパートナーがDCTを正確に実行するうえで必要なものについて話し合いました。

記事全文を読む