荷物の追跡

UPSの奴隷制と人身売買に関する声明

UPSの奴隷制と人身売買に関する声明

この奴隷制と人身売買に関する声明は、2022年12月31日に終了する会計年度のUPS Limited、UPS SCS(UK)Limited、Polar Speed Distribution Limited、Marken Limited、UPS Global Treasury PLC、Marken Time Critical Express Limited(以下「当社」)のものとして、現代奴隷法2015(英国)のセクション54に従って作成されています。この声明は、奴隷状態や人身売買行為が事業やサプライチェーンのいかなる部分においても生じないようにするために当社が講じた措置について説明しています。

臨床から商業化まで、製薬過程のそれぞれの段階においてプログラムをシームレスに導くために必要な、エンドツーエンドの機能と専門的な監督体制を備えているのはマーケンだけです。

UPSは、世界的規模の事業を通じて基本的人権の保護と向上を全面的にサポートしており、グループ企業ではグローバルなサプライチェーン全体において、現代の奴隷制(隷属状態、懲役、強制および拘束労働、人身売買など)を排除するための英国政府の取り組みに協力しています。

UPSグループ企業全体において、労働関連方針と手順に関する共通の基準が採用および適用されており、以下に示すように、この声明の焦点が強調されています。

マーケンのロゴ

適応することの必要性を理解し、必要なものをどのように変えられるかを常に自問することが、私たちが大切なものをお届けし続けられる理由です。

ログインおよびクイックリンク

荷物の追跡