細胞・遺伝子治療サプライチェーンサービス

製薬過程のそれぞれの段階で細胞・遺伝子治療をシームレスにガイドできるのはMarkenだけです。

製薬企業やバイオテック企業が細胞治療・遺伝子治療の市場に参入するためには、臨床サプライチェーンの複雑なロジスティクスに対応しなければなりません。この臨床サプライチェーンでは、専門的なソリューションと業界の専門知識、厳格な管理プロセス、そして高度な技術が求められます。

マーケン独自の細胞治療・遺伝子治療サプライチェーンサービス:

細胞治療・遺伝子治療の専門知識

製薬業界とロジスティクスの専門家で構成される専任チームが、規制および輸出入のコンプライアンスガイドラインに関する変更についてアドバイスします。

 

24時間365日対応のコントロールセンター

マーケンの新しい細胞・遺伝子コントロールセンターでは、細胞治療・遺伝子治療関連の全ての配送を最初から最後まで監視・報告するため、状況を明確に把握し、配送経路について重要な判断を下すことができます。

 

柔軟なサプライチェーン

無駄のない製造スケジュール、レーンのデザインと検証、機器の検証、輸出入の専門知識、リスク管理により、俊敏な意思決定をサポートします。

 

専門技術

リアルタイムの追跡機能、GPSシステム、および極低温輸送サービスにより、輸送過程や身元、状態の記録管理に関連する複雑さを軽減します。

 
マーケンのホワイトペーパー

オーダーメイド医療の時代における複雑さを解消

マーケンの最新ホワイトペーパーでは、次世代の治療法がもたらす従来のサプライチェーンロジスティクスの混乱、そして命を救う可能性のあるこうした治療の可視性とタイムリーな提供を可能にするマーケンの専門的なサービスについて考察します。

サプライチェーンソリューション検索