分散型治験で求められるサプライチェーンの柔軟性:マーケン

Outsourcing-Pharmaと、マーケンの細胞治療・遺伝子治療サプライチェーン臨床配送担当バイスプレジデントNina Vas、患者様中心グローバルサービス担当シニアディレクターGaurang Majmudarによるディスカッション。分散型治験(DCT)がサプライチェーンに投げかけている課題について、従来の試験と比較しながら話し合います。その中で、経験豊富なシングルソース パートナーのメリットや、DCTがより機動的なサプライチェーンを必要としている理由、また、製品を患者様に直接届ける際にセキュリティをどう維持するかについて考察します。

記事全文を読む