臨床試験を分散化することで患者様を中心に

マーケンの社長Ariette Van Strienは、分散型治験に向けた勢いがパンデミック後も続くどうかについて次のように述べています。「業界として、私たち一人ひとりが、分散型治験をこのまま定着させ、発展させ、成功させていくための役割を担っています。COVID-19収束後の勢いの維持云々は、問いでも選択肢でもなく、必ず取り組まなければならない不可避なものなのです。」

記事全文を読む