ニュースと最新情報

2023年2月7日

マーケンの規制に関する最新情報:米国税関が郵便番号記入を新たに義務化

執筆者:Reynaldo Roman、規制コンプライアンス担当シニアディレクター

2023年3月18日より、中国から米国への物品の輸入に際し、郵便番号を含む製造業者の住所の申告が義務付けられます。税関の輸入申告書を提出する際は、製造者の氏名、住所、郵便番号が輸入インボイスに記載されていなければなりません。

アメリカの税関は、中国の製造業者からアメリカに到着するすべての出荷物について、製造元の郵便番号を住所の一部として含めるという新しい要件を発行しました。完全な住所を提供することは新しい仕様ではありませんが、郵便番号を住所の一部とすることは新しい要件です。

ご質問等がありましたら、マーケンのチーム(tradecompliance@marken.com)までお問い合わせいただくか、あるいはこちらで参照元資料をご覧ください。

マーケンのロゴ

適応することの必要性を理解し、必要なものをどのように変えられるかを常に自問することが、私たちが大切なものをお届けし続けられる理由です。

ログインおよびクイックリンク