指導者紹介

マーケンの社長であるAriette van Strienは、フェーズIからフェーズIVまでの臨床研究分野において25年の経験を有しています。

Ariette van Strien

マーケン社長

マーケンの社長であるAriette van Strienは、フェーズIからフェーズIVまでの臨床研究分野において25年の経験を有しています。これまでにグローバルマーケティングや事業開発、価格設定、プロジェクト管理、グローバル業務の部門で上級管理職を務めてきました。製薬とCRO業界における豊富な経験から、医薬品の研究、開発、商業化、マーケティング、サプライチェーン&ロジスティクスにおける課題に関して優れた洞察力を備えています。

マーケンの社長として、26か国にわたる2600名の従業員を擁するグローバルチームを率い、マーケン執行委員会の会長を務めています。グローバルなチームを率いるその手腕により、お客様と強力な戦略的関係を築いてきました。2010年にマーケンに入社してからは、マーケンが臨床試験、細胞治療・遺伝子治療、患者様への治験薬直接お届け、在宅医療において業界のリーダーとしての地位を維持し、お客様向けに最適化されたソリューションと新しいサービスを開発するために尽力しています。

広報コンサルタントのディプロマと現代語および生物化学のバカロレア資格を保持しているほか、フランスのカンヌ国際カレッジにて上級フランス語の学位を取得しています。

マーケンのロゴ

適応することの必要性を理解し、必要なものをどのように変えられるかを常に自問することが、私たちが大切なものをお届けし続けられる理由です。

ログインおよびクイックリンク