治験施設への統合配送

治験施設への統合配送とは、「ジャストインタイム」アプローチを持ちいて配送の数を最小化し、治験施設に使われる資材を最適化する、スリム化したロジスティクス手法です。

このサービスは、リバースロジスティクスを含め、研究資材と装置の調達と施設への配送を管理することにより効率性を高めます。

この手法の概要:

  • 治験参加の動きに基づいて中央もしくは地方で資材を統合
  • 治験施設への複数の配送を一つの統合配送として管理することで、混乱を防止し、在庫管理を単純化
  • CRO の複数の人やスポンサー企業が消費する時間と資源を大幅に削減
  • 月単位ではなく日単位で施設が必要とするものすべてを用意し、施設を稼働させる能力
  • 試験を開始するにあたり治験施設が必要とするものはすべて大量配送/梱包で受け取り(指示およびプロトコル)

サプライチェーンソリューション検索